Seeking Calm Life

福岡田舎独身アラフォー男による趣味と生活、資産形成の記録

#262 腕時計が欲しい…かも

今の私は腕時計を着けて生活していません。
少し前までは2万円前後の腕時計を着けていましたが、
電池が切れてからは交換もせずそのままにしています。

近頃、少し高めの腕時計が欲しいと思うようになりました。

今時は携帯や壁掛け時計を見れば簡単に時間を確認できますから、
そういう意味では腕時計は生活に必須なアイテムではありません。
携帯を取り出せなかったり、充電が切れている時などは別ですが、
時間がわからなくて困るという状況はそうないはずです。

一方で有名ブランドの高額な腕時計は
投資対象と見做されることもしばしばですし、
モノや状態にもよりますが、購入から時間が経過しても、
その価値が下がりにくく逆に高騰することもあります。

一種の芸術品に近い性格を有していると言えますので
高価な腕時計に価値やロマンを感じる人にとっては、
当たり前ですが単なる時間を確認するためのツールではないわけです。

私は自分に節約マインドが備わっている認識ではいますが、
別に贅沢は敵だとか高額な商品を買うこと自体を悪だなんて思いません。

誰かに見せびらかすためだけに買うのは感心しませんが、
自分が価値を強く見出しているのであれば、
そこにお金をかけることは全く問題ないと考えています。
むしろ目的もなくお金を貯めこむよりよっぽど生きた使い方です。

私は以前にこんな記事を書きました。

この時点では「今さら欲しいと思わない」と綴っていますが、
このところ考えが変わってきました 笑

・長年の記憶が刻まれた唯一無二の品物
・時間とともに価値が高まり、常に身につけられる小物

当時の日記にこんなことを書いていましたが、
この二つが心のどこかに引っかかっていたんでしょうね。

ネットでもぼちぼち情報収集をしていますが、
昨日は休みだったので書店へ行きまして、
腕時計の本をいくつか読みました。

まだぼんやりと欲しいなと思っているレベルなので
実際に買う段階にまでは全然至っておりません。
購入までにはもう少しリサーチが必要かなと思っています。

もしこれから熱が冷めずに本格的な検討をしていくようなら、
続きの記事を書いていくかもしれません。