Seeking Calm Life

福岡田舎独身アラフォー男による趣味と生活、資産形成の記録

#259 若年層に広がる投資

20~30代で投資を始める人々が増えているという記事ですが、
私もこの現象はネットだけでなくリアルでも実感しています。

自分は他人に投資を勧めることはしない主義なのですが、
以前会社の持株会に加入していた関係で職場には株仲間がいます。
既に退会していますが、今でも時々彼らとは投資の話をすることはあります。

ただその場合においても、自分の具体的な投資対象や
資産状況について細かく話したりすることはありません。
相手の話に軽く乗って話をする…といったそんなレベルです。

たまたまその様子を見聞きしていたのか、
職場の女の子達から何度か投資の相談を持ち掛けられたことがあります。

投資は時間がモノを言いますから、
私よりも一回り若いような子達が今のうちから
資産形成に踏み出すことが出来るというのは羨ましい限りです。

若い世代を中心に資産形成が流行る背景として、
将来不安が根っこにあるのは言うまでもないですが、
レバナスブームに代表されるようにYouTubeTwitterから
簡単に情報を入手できるようになったことが最大の要因でしょう。

一方で年明けから始まった容赦ない株式市場の下落によって、
インフルエンサーがバッシングに遭うといった事態も起きてしまいました。
(こういうことになりかねないので、私は他人に投資を勧めません)

ここ数年は自分なりに地道に取り組んできたので、
家計の最適化はある程度のところまで推進できましたし、
投資に対するスタンスも固まってきました。

今後は資産形成と並行しながら、お金をいかに有意義に使っていくか、
そのバランスをうまく取っていくことに関心が高まっています。

一時期の私もそうでしたが、一つのことにのめりこむと
頭の中がそればかりになってしまいますから、
色んな事に興味を持って生きていきたいですね。