Seeking Calm Life

福岡田舎独身アラフォー男による趣味と生活、資産形成の記録

#175 MARUTA (USA/FL) - Remain Dystopian (2015)

概要

バンド:MARUTA
タイトル:Remain Dystopian

出身:アメリカ・フロリダ
タイプ:フルレングス・アルバム
リリース:2015年
レーベル:Relapse Records

ラインナップ

Mitchell Luna - Vocals
Eduardo Borja - Guitars
Mauro Cordoba - Bass
Danny Morris - Drums

トラックリスト

1. Genocide Interval
2. Hope Smasher
3. The Void Within
4. Minimal Progress
5. Protocol for Self Immolation
6. Absolutist
7. Stride Endlessly through Scorched Earth
8. Submergence aka Barren Oceans of Infinity
9. Erode
10. Stand in Defeat
11. Remnants of Failed Utopia
12. I, Usurper
13. Durandal
14. Psalm for the Withered
15. Return to Zero
16. Slaying Jehova
17. Immune

感想

マイアミ出身のブルータルデス/グラインドMARUTAの3rd。
彼らは2011年に解散しましたが、その翌年に再結成しました。

過去作2枚は中堅レーベルWillowtipからの流通でしたが、
再結成後初の音源となる本作は超大手Relapseからリリースです。

私はデビュー作から聴いてきましたが、
契約先がワールドワイドになっても作風は解散前と変わりませんね。

デスメタル的な咆哮とハイピッチスクリームを使い分けるVo、
神経を逆なでするようなヒステリックなハーモニクス
カオティックな変態フレーズが至る所で交錯するG、
おまけにブルータルなブレイクダウンまでぶっ込まれた
完全無欠のエクストリームサウンドに陰りは一切見られません。

高速に刻まれるメタリックなリフと手数の多いビートで畳みかける様は
上流から一気に流れ下ってくる激流のようでまさに音の洪水。
プレイボタンを押したら最後、頭からケツまで血管ブチ切れ
怒涛のハイテンションデスグラインドのフルコースがいただけます。

Tomas Lindberg(AT THE GATES)とJ.R. Hayes(PIG DESTROYER)がゲストで参加。
日本盤も発売されたようです。

評価

★★★★

動画