Seeking Calm Life

福岡田舎独身アラフォー男による趣味と生活、資産形成の記録

#161 自由と責任は隣り合わせ

今日は朝から自宅のWi-fiの調子が悪く、
出社の支度と並行で復旧を試みバタバタしていました。

さて、ネットでこのような記事を目にしました。

私も少額とはいえレバレッジ投資に手を出した過去があります。
理由は単純で安易なスケベ心が働いたからに他なりません。
ですから多額の含み損を抱える方々の心中も当然理解できます。

しかし、この記事の「被害」という表現には違和感を覚えます。
投資はどこまで行っても自己責任です。

私が保有する個別銘柄も、今や-90%の域に到達しようとしています。
この状態では売るに売れませんので、タダ同然まで落ち込めば買い増しを検討します。
当然、自分の判断で買っていますから損失も受け入れています。

もっとも将来を見据え、今も積極的に買い向かっている人もいるでしょう。
個人的にはコストや逓減特性、早期償還リスクを考慮すると選択肢からは外れますが、
それは自由な考えと責任に基づいて投資しているはずですので問題はないと考えます。

私はハイリスク投資関連のツイート等は見ないようにしているので、
実際に被害と感じている人が存在するのかどうかは知りませんが、
投資で他者への責任転嫁はナンセンスだと思っています。