Seeking Calm Life

福岡田舎独身アラフォー男による趣味と生活、資産形成の記録

#92 「書く習慣 自分と人生が変わるいちばん大切な文章力」(いしかわゆき)

f:id:seekingcalmlife:20220129154358p:plain

いしかわゆきさんの「書く習慣 自分と人生が変わるいちばん大切な文章力」を読みました。
アウトプットを習慣にしたい人の背中を後押ししてくれる強力な一冊です。

Twitterやブログを始めたいけど悩んでいる人、
ブログを書き始めて間もない私のような人、
更新はしているけど最近はどうもモチベーションが下がり気味だという人etc...
こうした壁に直面する人に適している内容だと思います。

ネットに自分の思考を公開するのは簡単なようで難しいです。
悩みを身近な人に相談しても、その人がブログをやってなければ
共有したり解決することもないはずですし、
私のようにリアルの知り合いにブログをバラすなんてとんでもないという人もいます。
そうした書く人達が抱える迷いから解放に導いてくれるのがこちらの本です。

この本で得た共感や気づきを列挙します。

・初めは誰のために書こうなんて思わなくて良い
・自分はアホで信じられないから、書かないと頭に入らない、忘れてしまうと思えばよい
・自分の独り言に正解はないから何でも書いていい。むしろ正解は自分で決めてよし
・文法の正しさと文章の面白さは関連しない。起承転結は意識しなくてOK
・完璧主義の人は実は完璧を求める不完全な人、終わらせる勇気を持つ
・平凡でありふれた日常はネタの宝庫。自分の日常は他人の非日常
・過去の自分に向けて書くと、「未来の誰かが救われる」
・自分が知っていることを世の中の当たり前だと思わないこと
・自分には「無益」と思える行為も誰かにとっては「有益」なことになる
・まとまらなくても書いたもん勝ち。ヘタクソ文章でも公開してしまえ
・自分の文章は自分の良き相談相手となってくれる
・書くことは自己理解。文章の中に「知らない自分」が見えてくる
・書き残されてないから過去を振り返られない。細かいことが思い出せない
・今を書き残せば、未来の自分が振り返った時の軌跡が見える

なんと救いとなるメッセージの数々でしょうか。

よく考えればそりゃそうだよなと思うことばかりですが
ある意味孤独との戦いでもありますから自然と悩みが沸いてくるものです。
ですがこうして明文化されると、自分が書くことに対する迷いが消えていきます。

これ以上内容に踏み込むと、著者の方にご迷惑が掛かりそうですので止めますが、
私は自分の書く行為を正当化したいだけであり、
けしてネタバレさせようとする意図はありません。

一昨日の記事に、申し訳ありませんとか謝罪の文言を入れてしまいましたが、
改めてこの本読むと「自分の備忘録なのに誰に、何のために謝ってんだよ!」と思うようになりました 笑

人間は支えがなければ、行動に何かと不安が付きまとうものですが、
これからはこの本がその根拠になってくれるので安心です。
私は強力なサポートを得ることが出来ました。

文章術の本は色々世に出回っていますし、何冊か読んだりしましたが
表面的なノウハウの解説に終始する内容が多くしっくりきませんでした。

確かにそれも大事ですが、悩みの解決につながらなければ意味は薄いです。
こうした投稿者の心に優しく寄り添った本は少ないのではないでしょうか。

私は書店でたまたま見かけて手に取りましたが、
まさに書くことを人生の一部としたい自分が求めていた一冊でした。
この本に出会えたことを本当に感謝しています。
更新に行き詰まりそうになった時のために、常に手元に置いておきたいです。